FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国人は被爆したことがないから放射能を無駄に怖がる?

東京の五輪招致を打ち出した前都知事で日本維新の会の石原共同代表は7日、福島第一原発の汚染水問題がクローズアップされていることについて報道陣に対し、
「被曝(ひばく)体験のない外国人は放射能について非常にナーバス(神経質)になっている。ハンディキャップになっている」と語った。


五輪開催が東京に決まり、マスコミは盛り上がっている。これで7年間現実逃避のネタができたわけでまあ政府としても株価だのこれで発生する莫大な利権でうはうはである。ちなみにこれで福島の話題は封印決定かなと思われる。今後はこれについて否定的な話題は一切タブーになるはずだ。

なにしろ、一国の首相が現在も未来も原発に由来する健康問題など発生しないと言い切ったのだ。これは今現在福島にいる小児甲状腺患者の存在を否定するものだし、その原因は間違いなく放射能由来ではないということを言ったのと同じことだからだ。結局、未来にどれほど有意性を持って白血病患者が激増しようが、甲状腺を切り取るのが普通になろうが、それはみんな原発事故とは関係名という政府の方針の表明である。

さて、冒頭に引用したのは石原前都知事の発言である。この人はいかにも戦後一番言い時代をのんびりと暮らしたある世代の特徴を良く表していて私は面白く観察している。

私の父は80に近い人だが、戦後数十年たって新しくわかった事実や資料などを自分の考えに沿わないものであればすべて否定する。それがどれほど確実な資料であってもだ。

理由はこうである。自分は戦争が終わった頃に10歳で空襲も疎開もしてきた。つまり戦争体験がある世代である。したがって自分の経験がすべてであってなんでもわかっている。というようなかなり無茶な論理を平気で語る。

まあ実体験というのは確かに大事な資料ではある。しかし、そのときを生きていたからといってその時代のあらゆる事件の真相を知っているはずもないし、それは今現在私たちが生きているからといって今の時代の日本、いやもっと小さくして東京のことすら私は自分の住んでいる地域のある生活圏内の限られた情報や雰囲気しか知らないのだ。

たとえば今福島原発問題は収束していないし、福島を中心に東北、東京までを含むかなり広い範囲が深刻な放射能汚染に見舞われていると私は思っているが、同じ時間、場所に住んでいながら、私のように危機感を持っている人間もいればまったく放射能など過去のことたいしたことではないと思っている人もいる。

現実には福島の原発は汚染水から土壌汚染まで何一つ収束のめどはたっていないし、これから福島を中心とした関東全域でどれほどの影響がどれほども長い期間にわたって発生するのかさっぱり見当も付かない状況なのである。少なくともチェルノブイリという前提があってその事故後の現象については30年近いデータがあり、それを参考にしても今度の日本の原発事故が無事で済むわけはないと私は思っているのだが、どうも一部ではソビエトの原発はだめな原発、日本の原発は優秀な原発という誤った認識があるようだ。

とにかくその時代に生きているなんて言うのは極ごく一部の側面からの観察に過ぎないのであって、後世に様々な側面からの資料を総括的に知ったほうが全体像としては正確だと私は思う。

さて、石原さんのいうように日本人だけが放射能を知っているのだろうか?ここで言う石原さんの放射能被爆というのはつまり原爆を落とされた広島長崎のことを言っているのだと思う。恐らく石原さんの頭の中に福島県お呼び「関東全域の放射能汚染は端から頭にないと思う。

広島長崎の被爆者をこういう場面で活用するのは広島長崎の被爆者にとってどんな気分だろうか?都合の良いときだけ広島長崎は利用されているように思うのは私だけか。

広島長崎の被爆者の経験を持って日本人は放射能被爆の現実を知っているから放射能を必要以上に恐れないとでも言いたいのか?逆だろう?あの悲惨な被爆経験から発生した差別や非常に長期間わたる影響を知っているからこそ、日本人は放射能を世界の誰よりも恐れているはずだし、実際福島の事故の際には福島県民に対して差別が露骨に発生したではないか。

なんだか、中国人が自分たちは環境の悪いところになれているから毒に強い、日本人は環境のいいところに暮らしていて毒に弱いといっているのとそっくりな非常に低レベルな発言である。

放射能の影響は精神論で語れない。それは純粋に物理的な現象であって、どんな経験や知識があろうとそれに一定量晒されれば生物である限り確実に影響を受けるのだ。

右翼高なんだかしらないが、どうせ10年後には死んでいる可能性が高いこういう老害たちは速く消え去るべきである。未来に対して無責任、自分たちの生きている時間さえ何とかなってればそれで良いというあとは野となれ山となれという輩たちである。

こういうくず老害たちが勇ましいことを語り国内の悲惨から現実逃避をするように軍事を子供がおもちゃを欲しがるようにする様子は醜悪であり一掃したい気持ちになるのは私だけではあるまい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
sidetitleプロフィールsidetitle

GADO TOKYO

Author:GADO TOKYO
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。