FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SBLOO購入失敗記 かわなければよかった

ライカに限らずレンズ交換式のレンジファインダーで入り始めの頃に悩むというか迷ったのがファインダーだった。

一眼はレンズを交換すれば交換したレンズの画角がそのままファインダーに写る。レンジファインダーは切り返されるタイプであっても画角が限られていて不便だとおもった。だが、レンズのF値が暗くてもファインダーは暗くならないし、そういう点はいいなとおもっていた。

まあ途中からかなりアバウトになってピンをあわせたいところにあわせたら後は想像画角でいいやとあてずっぽうなフレーミングをしていた。

ライカの外付けファインダーというのはレンズ並みに高くておいそれと手を出せない。私が手元に持っているのは50mm、35mmのファインダーである。50mmは7000円ほど、35mmつまりSBLOOは2万ほどで買った。安く買ったほうなのである。恐らくこれの倍ぐらいは平気でしているはずだ。私のは外見があまりきれいではないので安く買えた。

購入してから眺めて満足していたのだが、実際には私はバルナックなどの場合そのコンパクトさが気に入って使っているのでこれをシューにつけると非常に持ち出すのが嫌になってしまい、結局ほとんどつけていない。所有することに意味があるような無駄なアクセサリー購入だった。

ただこの二つは覗いてみると本当に美しくていいなとおもう。だが、SBLOOなどバルナックに漬けると馬鹿みたいに邪魔臭くてこんなのつけていられるかと思う。

ファインダー単体で楽しめるアクセサリーである。たまに取り出して風景を眺めるとこのフレーミングで撮影するといい感じかなという目安になる。カメラにつけていたら絶対にシャッターを押してしまってそうな作業だが、ファインダーだけならどうってことない。街中でこんなことしていてもそれほど目立たないというのもある。

それにしても一眼というのは別な魅力を持っているなと思う。前の記事でNIKON EMを書いたが、これで久々にレンズを通したファインダー像を見ていてつくづく、接写と望遠はやっぱり一眼だなと思った。それぞれ役割が違うのだ。レンジファインダーは標準と広角、一眼は広角、標準、望遠、接写となんでもござれだが、やはりレンズF値に左右されてしまう視認性とミラーショックが惜しいところだ。

さて、所有していることでの満足感という意味では外付けファインダーというのは素晴らしいが、SBLOOについては高すぎる。この間中野のフジヤカメラに行った時にオリンパスのミラーレス一眼の外付けファインダーがあった。プラ外装だが、SBLOOに似た形をしていて興味が出たのでなんとなく出してもらった。

覗いてみて驚いた。SBLOOほどではないが、十分くっきりなのである。状態は新品同様で3980円。ちっ、こんなことならこんなのでよかったな。。と私は思って悔しくて買ってしまった。そのファインダーは17mmレンズ用のファインダーで34mmぐらいのファインダーらしい。中のフレームを無視すると28mmぐらいの画角である。

カメラにつけると邪魔なので私はもっぱらこれをポケットにいれて時折出して町を眺める。カメラを出してシャッターを切ることはめったにないが、こんなフレーミングの作業も楽しいものだ。

しかし不思議だが、カメラのファインダーを覗いてフレーミングをしているとつい無駄なシャッターを押してしまうが、私の場合外付けファインダーを覗くのはこういう意味の節約になってとても使い勝手がいい。

というわけでSBLOOなんて馬鹿高いものは所有欲を満足させるだけなので実用なら最近のデジカメ用外付けファインダーを中古で安価に購入することをお勧めする。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

GADO TOKYO

Author:GADO TOKYO
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。