FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHKの受信料集金人は慇懃無礼で無意味

今日私は初めてNHKの受信料集金人という人と話をした。

ちなみに私の実家は数年前にケーブルテレビになってから払わなくなった。ケーブルテレビの料金が毎月5000円ぐらいかかるのでそれ以上の出費は出したくないというのが両親の本音である。

実家がケーブルにしたのは道楽ではなく必然だった。私の実家は貧困であり、正直ケーブルなど贅沢だと思うような経済環境である。近所にマイクロソフトがあり、そこが何をしてるのか知らないが、ある時期からまったくテレビアンテナで受信できなくなった。ある限られた地域のみで起こっている現象らしく、マイクロソフトに元景観という老人が問い合わせたりしていたが、届いたのははがき一枚で、お詫びがあるわけでもなく、受信できない家庭はケーブルなりなんなり各自対応してくださいという非常に迷惑な通知であった。開き直りもはなはだしい態度である。

まあそんなこんなで仕方なくケーブルを導入した貧困一家である。この上NHKにまでまわす余裕はない。

まあこんな話集金人には聞いてもらえないわけであるが、最近しょっちゅうNHKの集金人というのがやってきてうざいという話を私は聞いていたのでちょっと話をしてみたくなった。

出ると若い男だった。まだせいぜい25歳ぐらいだろうか。丁寧な口調だが四の五の言わずに払えという態度がよくわかる慇懃無礼を絵に描いたような態度だった。

払うのは国民の義務ですというのが彼らの言い分である。それ以上は内容がない。彼らの論理というか放送法によるとワンセグだろうがネットだろうが、NHKを受信できる環境があれば発生する義務らしい。

つまり勝手に垂れ流してそれをどのような形でも受け取れる設備があればそれは契約成立、支払い義務が生じるというわけだ。

これって勝手に商品を送りつけて買ったのだから金を払えというのと同じじゃないの?と私は思った。こういう商売のやり方っていいなとうらやましくも思う。

購入する意思のないものを勝手に押し付けて金を要求するのは押し売りであり、乞食の論理である。だったら乞食は乞食らしく、恵んでくださいと床に頭を押し付けるべきだが、そこは法令を後ろ盾にしたNHKである、非常に上から目線で要求というか支払い命令を押し付けてくる。

聞けば払わないことで裁判にまで持ち込まれるケースもあるようだ。大昔の押し売りは、今系部署から出てきたところなんだが。。とすごんでいたらしいが、NHKは押し売りを裁判に持ち込んで勝てる人たちなのである。

居直り強盗といっても良いぐらいの暴挙であり、一応民主主義国家であるといわれる日本でこういう組織犯罪がまかり通っているのも不思議な話だ。

この訪問集金人は委託業務を受けてやっているパートさんかなんかだろう。歩合制かなにかなので夜の8時とか平気でやってくるが、どうも9時以降はいたらまずいのかなんだか知らないが、9時ごろまでだらだら話を聞いていたらやけにあわてて、説明責任は果たしましたからみたいな捨て台詞とともに帰っていった。

国民の義務ならば別にこんな面倒な催促などしないで国家予算で組んでしまえば良いし、もしくは住民税だとかケーブルテレビの代金に上乗せすれば良いだけの話だ。何でこんな面倒なことをしているのか?おそらくこうしたほうが彼らにとって都合がいいのだろう。この委託されている会社にしてもどうせNHKを退職した老害がトップにいるのだろうし、こういう委託業務に絡んでいろいろな利権が絡んでいるのだろう。

NHKにしても東京電力にしても国に守られている企業というのは、甘やかされすぎだなとおもう。NHKは実は嫌いじゃないほうなのだが、こういうことがあると解体してしまえばいいのにと思うようになる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

GADO TOKYO

Author:GADO TOKYO
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。