FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィルムはなくなるか?

デジカメは便利だ。私の場合本を増やさないために図書館をフル活用しているのだが、借りてきて複写したいとき以前はスキャナで読み込んでいた。非常に面倒な作業だったが画素数が進んだ今では安価なデジカメがスキャナ代わりに十分なる。

7000円ぐらいの安物でも5年ぐらい前のスキャナ以上の画質が得られる。何よりスキャナによる読み込みは時間を食うが、デジカメだと数百ベージ複写しても一時間ぐらいで終わる。今複写用に使っているのはパナソニックの700円ぐらいのデジカメだがもうすでに数千ショットは使っている。元は十分取れた。こういう意味で私にとってデジカメは非常に役立っている。

普段スナップをしたり人を撮影するときにはシグマのDPを使う。メリル2を持っているが、こいつを持ち出すより旧DPを持ち出すことのほうが多い。理由は画素的に十分であり、なおかつ撮影後のRAWデータ処理が軽くて扱いやすいためだ。

よほど大きく印刷するとかトリミングして使いたいとき以外、メリルは使わない。で、旧DPは1も2も持っているのだが、もっぱら持ち出すのは2のほうだったりする。個人的な印象だが、メリルよりも旧DPの無印2が一番画質が良いと思っている。メリルも素晴らしいが、旧DP2で撮影したRAWデータを現像してモノクロ処理したものはいつみても美しいなと思う。カラーも悪くないがやはりDPはモノクロじゃないかと思う。

さて、フィルムの未来だが売り場を見ても町のDPE店の減少を見てもわかるようにもはや風前の灯という感じだ。私の場合調布に住んでいるのでFUJIFILMに直接持ち込んで翌日仕上げが可能だし、他地域の人に比べたら随分恵まれていると思う。そうでなくともファミリーマートではまだ受け付けていて同時プリント0円でハーフだろうが980円で処理できる状態があるのだからまだ今はましだと思う。

フィルムはいつまで需要があるだろうか?世界的に見たときフィルムは世界のどこかで供給され続けるだろう。逆に新興国ほどフィルム需要はなくて、中国などを見ていると大連ではほとんどもうフィルムなど絶滅しているといってもいい状況だ。これは趣味人が少ないせいであり、日本のように中古カメラ店がそこかしこにあって、フィルム愛好者がそれなりにいる国ではフィルム需要はなくならないだろう。デジカメの普及でフィルム需要が減ったといわれるが、実際にはリバーサルやブローニーフィルムの需要は以前と変わらないのではないかと思う。なぜならリバーサルやブローニーで得られる満足感や信頼性というものはまだまだデジタルデータでは実現できていないし、デジタルはその手軽さゆえにフィルムによって得られるどのように写っているかわからないという期待感、この期待はうらぎらることもあるし、想像も付かないよいできだったりすることもあるが、そういう半ば博打的な要素が欠けているのである。

また新興国であっという間にデジカメが普及し尽くしたというのは上記の趣味性と絡んだ理由がもうひとつある。中国ではフィルムカメラ自体がそもそも普及してなかった。非常に高価な機械であり、カメラを持っている家庭というのはまだまだ少なかったようだ。またあったとしても質の悪いカメラばかりだったようだし、フィルムも印画も相当品質の悪いものだったようなので中国人はフィルムカメラによる美しい写真というものを多くの人は知らないままデジタル時代に一気に突入したのである。いわばデジタルこそ普通の中国人にとっての写真元年であって、海賊版にしても何でもデジタル技術は中国人にとってうってつけの技術だったわけだ。さらにフィルムは高く、プリントなどを考えると当時の中国人にとって非常に高価なものだったのが、デジタルだといくらとっても只だし、パソコンさえあれば好きなように加工できるしオリジナルだとか自然にこだわらない中国人にとってデジタルは渡りに船な技術だったと思われる。

話を戻す。写真という趣味はいろいろ忙しい合間を縫って撮影に行く要素もあるわけだけど、写真はその日程における記憶の補助、記憶を呼び覚ますものであって、そこに写っているただ映像だけがすべてではない。他人から自分は行ってもいない旅行写真を見せられたり、未知の家族写真、知り合い写真を見せられたりしても面白くもなんともないが、見せている本人は当時の状況や人柄、エピソードなどを連想しながら見ているのであろう、非常に楽しそうである。写真とはそういうものだ。

さて、話は少し変わるが私は常々日本人はプロセスが好きな民族であると思っている。中国人を見ているとプロセスとか途中経過、その中に発生する事件やドラマを楽しめない人たちだなとおもう。もっともそれをあらわすのは野球だろう。野球はプロセスを楽しむスポーツだ。シーズン中の長い試合により勝者が決まる。一度の試合の最中にも様々なドラマが生まれる。野球好きな人はこうしたプロセスを楽しんでいる。結果だけのスポーツではない。敗者の美というものがあって、美しい負け方というものがある。中国では敗者は敗者であって負け犬でありそれ以上の価値はない。したがってどんなプロセスがあろうが一番の関心はどこが勝ったか?なのだ。つまり、写真でいえば自分の期待通りというか喜ばせてくれる写真が取れていればOK,取れていなければだめということだ。

写真もプロセスを楽しむ要素が強かった。結果がすぐに見えないのでとにかく現像にまわし、上がった写真を見て一喜一憂する。失敗した写真を眺めて何が悪かったのかを学び、思いもよらずうまく取れていれば、何がこんな良い結果を生んだのかを学ぶ。考える要素がプロセスであり、いい結果であろうと悪い結果であろうとプロセスから学べることは多い。

中国人が商品開発だの芸術といったクリエイティブな分野で活躍できないのはこういう部分の民族精神性が貧弱だからではないかと私は思う。

さて、フィルムはなくなるか?という話だが、子供の頃から結果がすぐに出てしまうデジタル社会に育った場合、それは非常に中国人的な結果を急ぎ、結果しか重視しないという国民性を作ってしまうのではないかと私は危惧している。企業が新卒に即戦力を求めたり、そういう馬鹿な思考回路が普通になってしまう可能性である。日本はかつてほど開発力がなくなった、60年代から90年代ぐらいまでの開発力がなくなったような気がする。結果としての金しか考えなくなってしまっているのではないか。金を得るためのプロセスにこそ、人生や生活の楽しみがあるはずだと私は思うのだが。こうした傾向が歴史の成り行きならばフィルムは消えるしかないのだろう。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

GADO TOKYO

Author:GADO TOKYO
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。