FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またヒロポン復活するかもね

「地下鉄終電の深夜化・24時間化」と「ホワイトカラーエグゼンプション」というものが近いうちに普通になるかもしれない。

戦後すぐのころ、日本はあの馬鹿な戦争で働き盛りの男性をほとんど失ってしまっていた。かろうじて生き残った男子はそれこそ馬車馬のごとく働く必要があった。とはいっても人間には限界がある。

そこで政府が普通に国民に配った薬があって、これがヒロポンだった。疲労がぽんと回復するとか言う安直なネーミングかなと推測されるが、つまり覚醒剤だ。今でこそ、所持しているだけで厳罰対象の薬物だが、国というのは自分の都合でどんなやばいものだって、合法化してしまうのだ。

この覚醒剤が当時のサラリーマンにどれほど普及していたかを物語る資料がある。それは国民的漫画であるところのサザエさんである。このサザエさんという漫画は今読み返すと終戦直後の日本人の生活が非常によくわかる貴重な資料となっている。他国ではこうした形で庶民生活の記録というのはほとんどみられないから日本独自の記録である。漫画というのはこういう意味でも貴重な表現手段なのだ。なにしろ新聞連載であるから時事に即して庶民が共感を持って読めなければならない。必然描かれる生活観は非常にリアルなものになる。この当たりが昨今のドラマなんかと違って深いのである。たとえば今放送されているドラマを数十年後に検証したとしてせいぜいその当時流行っていたであろう髪形ぐらいしか文化資料としては役立たないだろう。ドラマに出てくる人物の生活は庶民とはかけ離れたものだ。

サザエさんの話に戻る。この漫画の中で波平さんが出勤前にヒロポンを注射で打って出勤するシーンがある。つまり当時のサラリーマンにとって覚醒剤を打ちながら働くというのは現代のサプリメントや栄養補助飲料並みに普通だったということだ。だから当時のサラリーマンは薬漬けでおそらく相当ハイになって働いていたことが想像される。

国民を薬漬けにして高度成長を果たした国、それが現代日本の基礎だということだ。

で、最近になって、「地下鉄終電の深夜化・24時間化」と「ホワイトカラーエグゼンプション」という話題が持ち上がるようになった。これは少子高齢化に伴い労働人口が社会保障を賄うだけの余裕がなくなった。つまり戦後男性が戦死してしまって労働人口が極端に減ってしまったときと同じ状況である。違いは当時は国の復興のために労働力が必要であったのに対して、今は社会保障とそれを取り巻く様々な利権、医療であるとか天下り先であるとか一部の富裕層の収入維持であるとかそういうもののために労働力を確保する必要があるということだ。

もともとが少ない労働力で以前のような労働力を確保するためにはどうすればいいか?そのためには賃金は据え置きで何倍も働いてもらわなくてはならない。で、残業代が一切発生しないでいくらでも働かせられるホワイトカラーエグゼンプション、働かせるには交通も24時間動かないと話にならないので交通機関の24時間操業ということになる。

バブルの頃、時任三郎が24時間働けますか?なんていっていたが、あれはたくさん稼げた時代の話であって、今は24時間ただ働きできますか?になった。

まあそんな労働形態が普通に維持できるとは思えない。そこで私は政府がまた覚醒剤をまったく違う薬品名で普通に購入できる時代が来るのではないかと思ったわけだ

この馬鹿な奴隷化政策で恩恵を受けるのは一部の大企業と富裕老人、天下り先をがっちり確保する公務員だけだ。

大半の貧困老人と若者はこれから戦後どころではない希望のない無限地獄が始まる。放射能に包まれながら。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

GADO TOKYO

Author:GADO TOKYO
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。