FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欲しがりません韓国潰すまではって感じのネット右翼

日本人は韓国なんてたいして意識していなかったと思う。この構図は東京を極端に攻撃する大阪人と似ていて、大阪人が思っているほど東京人は大阪に対して何のイメージもない。せいぜいたこ焼きとか吉本ぐらいのイメージだ。

大阪人の東京への敵対心というのはちょっと異常だが、悲しいかな東京人は大阪に対して上記程度のイメージしか持っていない。

韓国に対してもマスコミが連日だらだら報道し始めるまではせいぜいキムチの国程度のイメージしかなかった。マスコミは韓国ブームを作ろうとしているのか、スポンサーが在日だからなのか韓国を宣伝しまくり、視聴者は逆に韓国を嫌いになっていった。

どういうことなのか私もよくわからないが、韓国の文化というのは日本人からするとかなり違和感があり、CMの作り方ひとつとってもなんとなく変な感じがするのではないだろうか。

日本人は白人文化にはあこがれるが、同じアジア圏の文化にはあまりあこがれない。それは日本自身が長い歴史を持っていて、たいがいのものは優れており、他のアジア圏の国々についてはどこか洗練されていない印象を受けるからだ。比べて白人文化というのはまったく異質なもので、白人がアジア文化にエキゾチックさを感じるのと同じようなわくわく感がある。

最近の官製バブル、つまり円安、株高を喜んでいる人たちがいる。それはネット右翼といわれる人たちだ。彼らは馬鹿みたいに韓国を毛嫌いしている。私も韓国は好きではないが別にそんなたいした国ではないし日本の経済規模で見たときそれはとんでもない小国であって、大騒ぎするような国ではない。

サムスンだとか国策企業の脅威が叫ばれているが、日本の家電業界が落ち目になっている今彼らの衰退は同時進行するだろうと私は踏んでいる。

さて、この韓国を苦しめるためにネット右翼は円安誘導を歓迎している。彼らの頭の中には韓国憎ししかない。国にとっては非常に扱いやすい人たちといえる。一方で現在日本政府が行っている弱者排除の動きにはまったくの盲目だ。

マスコミの功罪かいつから日本人はこんなに韓国を意識するようになってしまったのだろう。韓国などもうアメリカと中国に実効支配されているようなものなのに。でもまあその辺は日本も事情は変わらないか。日本は数年で韓国と同じぐらい悲惨な状況になる。原発事故が起こっていない韓国のほうがまだ救いがある気がする。

日本が円安を武器に輸出を盛り返せると盛り上がっていたのは数ヶ月前。実際には大して復活してきていないようだ。日本はもう輸出については絶望的だ。放射能汚染がある限り日本で作った品物は多くの国で弾かれてしまうだろう。そうなると海外で生産ということになる。つまり日本にもう製造業は戻せなくなった。

企業からすると海外で生産したほうが人件費が安く済むというメリットがあるだろうが、これで長い間世界最高水準の購買力を持つ中間所得層を維持してきた日本の内需は終わる。日本は内需が活発だからこその国なのに、その内需がなくなる。

ますます結婚する若者は減り、住宅需要も減り、子供も減り、老人ばかりが増え、その老人社会を維持するために増税は進み、また老人自体も働かされるようになるだろう。悲観的すぎると思われるかもしれないが、今の日本に先行きの明るい情報はないといっていい。

韓国や中国への敵視に目を背けさせられ、国内にいる本当の敵に目を向けられない大半の国民。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

中国共産党 の 腐敗の地 であなたは何をしてるのですか?

日本の事なんて 中国の問題に比べれば

放射能? もっと酷い食べ物 環境 共産党 私腹の代償で

人民に 振りまいてる 中国   早く帰ってらっしゃい

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
sidetitleプロフィールsidetitle

GADO TOKYO

Author:GADO TOKYO
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。