FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苗字で在日認定

苗字が左右対称だと在日の確率が高いとか言う都市伝説がある。たとえば青木とか山田とかだが、きっと法則好きの人が唱えだした何の根拠もない話だと思う。

苗字というのは厄介だ。私の苗字も実はかなり変な苗字なので人によっては非常に面白がる。在日系の変な苗字というのではなく、こんな苗字あるんだというような苗字なのだ。

さて、私自身日本で育ち学校などに通って在日の人というのはそれなりに知り合ってきた。金という文字の人が多そうだが、実際金谷という人は両親が在日の人だった。あとは青木、荒井、木村などが私の知り合った確実な在日朝鮮人だ。

金谷くんという子はモロに在日でちょっとしたことで大変なトラブルになってしまうため、学校も生徒も非常に気を使っていた。あとの子達は別に何か特別な印象はない。ただ、少し日本人と違うなと思う程度の印象だ。

私の生まれた調布市というところは多摩川沿いにいくと在日朝鮮人の集落があった。戦後に政府がそこを在日朝鮮人に解放したらしく固まって住んでいた。

多摩川は最近でこそ大人しい川になったが、私の子供時代はよく氾濫していた。氾濫すると在日の人たちが住んでいるあたりは冠水してしまって、大変な状態だった。

調布の在日朝鮮人はあまり焼き肉屋だのパチンコ屋だのはしていなかった。多かったのは板金、鍍金といった町工場をやっていた。今でも多摩川沿いにはその手の工場が多く、多くはそうした人たちの経営だ。

私は高校生のころにそうした工場でバイトをしたことがある。経営者のおじさんは小柄な人だったがとてもいい人で苦労人という感じだった。奥さんも朝鮮人でよくキムチを土産にくれた。

そういう在日の人ばかりを子供時代に見ていたので何も偏見なく育った。調布という街自体そういう人たちを特に差別する習慣もなかった。

大人になって問題のある在日の人を知ったり、在日朝鮮人の特別な歴史背景を知るに従い、だんだん私の中に偏見が芽生えた。だが、一方で子供時代の実際の記憶があるのでそういう朝鮮人は一部であって、ほとんどの朝鮮人はまじめに生きているものだと思っている。

なので、苗字から朝鮮人がどうとかそういう踏み絵みたいな行為はやめたほうがいいのではないかと思う。なぜなら在日の人たちがわざわざわかりやすい苗字を名乗っていたのはおそらく相当昔であって、今の在日朝鮮人は極一般的な苗字を使っていてわからない、無意味だ。通名といって、何度でも名前を帰られる彼らにとって苗字など服のようなもの。すぐに替えることができるのだ。だから銀行口座だって違う名前でいくつも持つことができるだろうし、そうした制度の不備が一部の犯罪者系朝鮮人の活動をしやすくしている。

まずはこうした馬鹿な制度をなくす方向に熱意を注ぐべきだろう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

GADO TOKYO

Author:GADO TOKYO
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。