FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

侵略の定義は定まっていない 日本の中国化

安部首相という人はおぼっちゃんで世間知らずなのはよくわかっているが、侵略の定義は定まっていないという発言には驚いた。

敗戦後に日本が国際的に認めたことはなんだったのか?そういう根底を覆す発言だ。立ち位置により解釈は異なるとかお前は子供かというような屁理屈を述べている。

同様の屁理屈に東電の放射能は無主物というのがある。これと同じレベルの発言だ。

安部首相のこの発言は人格そのものを疑われる発言である。日本の戦争犯罪を肯定したいという気持ちが強くて、さらに憲法改正への姿勢を示す発言とも受け取れる。

私は憲法改正について反対の立場ではない。というかさっさと改正すべきだと思う。少年法も含めて時代錯誤もはなはだしいものがこの時代に残っていること自体が驚きだ。

自国を守ることもできない国が国際的な信用を得られるはずもないし、そういう国が経済的に世界上位の活動をしていることは奇跡といえる。まあアメリカ様あっての繁栄であるが、アメリカ様の未来も明るくなさそうだし、日本も道連れ無理心中デモしようかと思うような気配だが、さっさと自国を守れる軍隊を日本は所有するべきだと私は思う。

しかし、それと侵略戦争は別の問題だ。日本が侵略のために他国に軍隊を進めたのははっきりしているし、それはロシアの脅威であるとかきっかけはともかく、途中から欲が出て侵略のために軍隊を拡散させていったのは間違いない。

チェーン店を拡大しすぎて潰れるのと日本軍の欲をかいた拡大図は妙に重なるが、とにかく手を広げすぎてしまった、このあたりでやめておけばよかったのに。。と私などは当時の侵略経緯を眺めていてよく思う。

あの戦争を侵略とは定義できないと思うのなら、何を持って侵略とするのか?侵略行為は学問上定義できていないとかほざいてしまったらしいが、そういう問題ではない。学問で定義されていないからなんなのか?現実にたくさんの人々が無意味に死んだことについて、どう説明するのか?彼らは勝手に死んだの?殺されたんじゃないの?殺されるようなことをしたの?殺さなければならないような状況だったの?

戦争は人が人を殺す行為であって、一方的に攻められる状況は歴史上いくつもある。たとえば中国はどうだろう?中国の屁理屈を使えば、また国民の大半は本当にそう思っているが、あれは侵略ではなく解放してあげたのだという風になる。確かに中国人の立場に立てば解放であるが、その後の解放地帯の状況を見ればただの侵略であるのは明白だ。

この論理は何でも使える。たとえば強盗殺人をした犯人が家に遊びに行ってあげた、住民はこの世から解放してあげた、金品も解放してあげたという風に強盗の立場になれば解釈できる。こういう自己中な論理は日本人にはないと思っていたのだが、安部首相のこの発言で私の思い込みは覆った。

国際法廷で日本は戦争犯罪を認めさせられた、あれは冤罪であって日本の立場に立てば侵略戦争ではなかったと安部首相は言いたいのかもしれない。捜査段階に問題はなかったか、取調室で拷問はなかったか、自白の教養ではなかったか?という日常で犯人が捕まった際の冤罪事件レベルの思考でこういった軽々しい発言がされているのではないかと私は思う。

だが、日本の戦争犯罪については明白であって、他国だけの問題ではなく、自国民さえも当時のおろかな指導者たちによって無駄死にしていったという事実がある。安部首相の発言はあの馬鹿な戦争の正当化であって居直りであるとしか思えない。

だいたい、侵略の定義はないのであれば中国の沖縄に向ける視線、尖閣問題などどうでもいいことになる。中国の立場に立てばいいのだから。安部首相の発言は自国の正当化のみならず、中国のような国の行為すら正当化させる非常にやばい発言だということだ。

一番やばい状況で一番まずい人が首相をやっている気がする。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

GADO TOKYO

Author:GADO TOKYO
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。