FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

景気が回復しているという大本営発表がうざい

いったいこの国は中国みたいになってしまった。

中国の粉飾GDPは常識だが、日本はそういうことをしない国だと思っていた。ところが最近ではなんとか参院選以降に増税を正当化させたいらしくて、景気がすばらしい勢いで回復しだしているという印象を与えたいマスコミ報道が目立つようになった。

大体株価が上がると景気がよくなるというのは本末転倒な考え方だ。本来であれば株価というのは企業の業績がよければ上がっていくから株価は後からついていくものだが、今の日本企業は特にたいした開発力もなし、リストラしまくって何とか維持している現状であって、業績なんか目も当てられないところがほとんどのはず。

ところが海外からの投資、賭場としての東証になってしまって、賭場の活況としてはすばらしい状態だが、別に実体経済を反映してああいう価格になっているのではない。

そもそも企業の9割が業績回復しているならそっちのほうの税収が増えるわけで増税は最低限に抑えられるはずだ。

こいつらというのは本当に馬鹿だなと思うんだが、見せ掛けで景気をよく見せて大増税を行って庶民は財布をもっときつくしめてしまったら、本当にこの国の長い時間かけて厚ーく鍍金してきた中間層は今じゃもうぼろぼろで、消費は氷河期、中小企業を中心に倒産しまくりになるんじゃないの?

中国が発展できない理由として中間所得層が薄すぎるというのがある。健全な中間層というのは金持ちみたいに海外でしか金を使わないということもないし、それこそ日常的に適度に金を消費してくれるわけだが、これが薄すぎてさらに国内のメーカーは信用がないことが拍車をかけて内需はぼろぼろというのが中国の実体経済である。

中間所得層の薄い中国で無理やり社会慣習的強制力を持って発生させているのが不動産市場であって、これは不動産を購入しないと結婚できない、子供も作れないという仕組みから生み出されている市場だ。

ところが、中国住宅市場は国内のゼネコンや政府関係者を潤わすばかりで別に社会全体の景気を潤わすものではない。住宅を購入するために必死で働く人の金をこういうゼネコンや政府が回収しまくる。これは今日本でも虚業に夢中になっている大企業と同じであって、何の生産性もない。

このまま行けば中国のような国になることは確実だが、中国に住んでいて思うのは、人の結びつきが強いし地縁が深いのでなんとかなっている。日本のように都市部はまったくといっていいほど無縁の都市で中国式になってしまったら生きながら無縁仏社会になるのは必定だ。

中国式はおそらく支配層にとって非常に都合のよい貧困、富裕の二色刷り社会だが、日本のような小さな国でなおかつ地縁がほとんど消滅してしまっているような国ではうまく機能しないはずだ。

マスコミの大本営報道というのは戦前からの悪習だが、庶民もまたそれを望む雰囲気がある。たとえば私の両親は80近い人たちだが、今のアベノミクスに対して冷静な視点で問題点を追求していてもそれを聞きたがらないというか足を引っ張っているという風に解釈する。

放射能問題もそうだが、いつの間にかこの国では問題点を直視できないような国民性になってしまったようだ。だからこそ、生活があるからという理由だけで汚染地帯に住まわされている危機感も生じないし、アベノミクスで怒るであろう近い将来の危機的状況にも耳を貸さない。

ある種が絶滅するときその行動は客観的に自らそのように仕向けているように見えるらしいが、今の日本人もまた、いや人類そのものがそうしたタイミングにあるのかもしれない。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

GADO TOKYO

Author:GADO TOKYO
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。