FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国税庁の『民間給与調査』によれば、給与所得者の約4割が年収300万円以下

そんな現実を知ると低収入も仕方ない気もする。
 だが、高所得者と低所得者両面の行動心理に詳しい経営コンサルタントで『年収1億を稼ぐ人、年収300万円で終わる人』などの著者・午堂登紀雄氏は、
「ただ運が悪いからだけが理由ではありません。低所得者には彼ら特有のダメに陥るマインドがあり、それも大きく関係しています」と語る。
 高所得者と引き合いに出されるとツライが、たしかに逆に考えると、私生活がしっかりしている人に低所得者はいない気がする。
「稼ぎだけではなく、出費ひとつ取ってもわかりやすく出ますね。
低所得の人ほど自己満足のために使い、すぐ自分のご褒美としてモノを買ってしまう。
趣味にしても、たとえばゲームのように自分1人で遊べる自己完結型のものが多かったりします」
 一方、高所得者は自己投資にお金を使う。
「余暇を完全にオフ状態にするのではなく、いろんな場所に出かけてコミュニケーションを取ったり、趣味もそれを通じて人脈が広がるものが多い」という。結果、収入増に繋がるのだ。
 オンオフは別だと言い張りたい気持ちもあるが、この考えだけでもダメ習慣を生み出す要因なのだとか。


SPAからの記事の引用。

要は低所得者と高所得者の金の使い方の差が書いてある。これっていろいろ思うことがあるんだが、低所得者は自分へのご褒美なんてできているのだろうか。生活に必要なものを買ったりそんな日常の出費でいっぱいいっぱいなんじゃないか、だからいろんな場所に出かけてコミュニケーションなんかに金を使う余裕なんかないと思うんだが。

いろんな場所に出かける交通費でさえ躊躇してしまうような低所得者が多いと思う。そうすると近場で済ますか、もしくは休日は一日中家にいるとかそういうライフスタイルが増えているんじゃないだろうか。

ゲームで済ますとか言うのもある意味一番金のかからない遊び方だと思う。人付き合いは金さえあれば楽しいが、いまどき金のない人が参加して歓迎されることなどないわけで、こういう意見は金を人並みに稼いでいる人の意見だ。

人付き合いというのは金がかかるというか一番出費がでかい。結婚したらこのことを思い知るようになる。独身のときとは比較にならない出費だ。

そもそも人との交際だの人脈を広げるだので儲かるのは営業ぐらいなもので、日常生活を金儲けに結び付けて考える中国人は確かにそういう金の使い方をしているが、国民の9割が貧困というのはどういうことだろう。

貧乏人がいくら背伸びして人脈を広げようと金を使っても金持ちは相手にしてくれない。金持ちは金持ちしか相手にしない。逆に背伸びしている貧乏人は笑われるだけだ。

私の祖父は一代で小金を稼いだ人だが、貧乏人ほど無駄な金を使う、それはつまり付き合いだのなんだので見栄を張って金を使う。冠婚葬祭があれば数万といった感じで、金持ちになりたかったら金を使わないことだといっていた。

確かに祖父は金にうるさかったが、ケチではなかった。買うものは一流品を買い、長く使う。それが祖父流の節約であって、安物を何度も買いなおすというのは祖父からすれば無駄遣いだった。

背伸びした交流に金を使うことは無駄遣いになるかならないかそれはその人次第かもしれないが、多くの場合無駄になるだろうと経験的に思う。自分の身の丈にあった生活が一番快適だ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

GADO TOKYO

Author:GADO TOKYO
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。