FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乳房予防切除を流行らせるらしい

乳房予防切除とかいうのをアメリカの女優さんがやったらしい。遺伝子検査で将来乳がんになる確率が高いことを知って予防のために切除。これを聞いたときずいぶん思い切ったことをしたなとおもった。

脳腫瘍になる確立が高いといわれたらどうするつもりだったのかな。

まあこの遺伝子検査というものがどの程度確実なのかわたしにはわからない。只疑問に思うのはこれってステマじゃないの?ってことだ。日本人なら誰でも知っているちょっとセクシーな唇をした女優さんが遺伝子検査でがんになる可能性が高いと聞いてさっさと女性の象徴的な場所であるところの乳房を切除って報道があって、そんな話が報道されたかなと思ったら途端にというか、もう予防手術は一部でさっさと始まっているらしい。

遺伝子の研究が行われだしたころから嫌な予感はしていた。遺伝子は人体の設計図ではあるが、これを人生の未来予想図のように勘違いしだす馬鹿達がたくさんで出すのだろうなと思っていた。

人間って言うのは何度も何度も同じ間違いを繰り返しているが、ナチスはアーリア人種が人類最高だとわめき他人種を否定した。今は遺伝子を調べてエラーがないか探すようになった。

膨大な情報量を持つ遺伝子である。遺伝子に欠陥がないと考えるほうがおかしい。どんな人間も必ず調べればなにかしらの可能性がその地図にはあるだろう。

こういうのに夢中になる人というのはなんというかスペックお宅というか完全じゃないときがすまないのかなと思う。

思い上がりもはなはだしい。こんなどこまで信用していいのかわからない過渡期の技術の検査で安易に乳房を切り取ったりするのは間違っている。大体自分がどんな病気にかかるかなんて知る必要があるのだろうか。

そのうちあなたの寿命はこの辺ですなんて言うのが普通に健康診断なんかで渡されそうだ。

大昔万年カレンダーというのがあって、発売したら自殺者が出た。理由はこのカレンダーのどこかの日付で自分は死ぬのだろうなと思ったら鬱になって自殺しちゃったらしい。

運命はわからないから希望が持てるし、病気だってかかるかもしれないしかからないかもしれない。病気はいつも苦しめるためだけにあるわけではなく、時には自己防衛として発病することだってある。

大体放射能に汚染され、がんリスクは以前とは比べ物にならないほどあがっていて、さらに放射能は遺伝子を傷つける、つまりエラー遺伝子が形成される環境に今日本人は暮らしているわけで、こんなものは今の日本人にとってはナンセンス以外の何物でもない。

ちなみにこの検査で予防のために乳房を取るのは当たり前だが保険が利かない。200万円ぐらいかかるらしい。まだ病気にもなっていないのに若い身空で乳房を切り取るなんてよほど長生きしたいんだか知らないが、自然に生きたほうが確実に楽しいと思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

GADO TOKYO

Author:GADO TOKYO
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。