FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米兵は生活保護者みたいなもの

デフレ脱却なんて掲げていたけど、企業は春闘で給与を上げる見込みはほとんどなかった。当たりまえだ。実際業績がよくなっているわけではないのだから。アベノミクスで変わったのは株価と円だけ。

円が安くなれば株が上がるだろう、観光客も増えるなんていうのは素人でもわかる。庸は海外のギャンブル的投資マネーが流れ込んでいるだけだし、今まで馬鹿みたいに高かった円が安くなって日本に来る連中が増えただけだ。

株が上がって企業はその上昇分を企業利益みたいに判断しているが、これってリストラして浮かした人件費を利益計上してるのと同じレベルだ。それはいいとして、海外の安い人件費を当てにして国内で首を切りまくって節約した人件費、これが円安で無意味になっているんじゃないの?と私は不思議に思う。

たとえば人民元で言えば今為替ルートは半年前の一元12.5円から17円ぐらいまで跳ね上がっている。アメリカドルは80円から100円になった。海外の工場で働く外国人がどのくらいいるのか知らないが、ものすごい人件費高騰だろう。

マスコミは実際に給料がよくなるのに反映するまで時間差があるとよく言っている。これってガソリン価格のときと同じ言い草だが、ガソリンはそういいながら着々と値上げが続いていた。円があれほど高かった時期さえも。

今はガソリン価格は逆に下がっている。これも時間差のなせる業なのか、それとも単に庶民の所得が減り車の利用者が減ってガソリンが余りだしているせいなのか。

実際私の近所では駐車場が空きまくっている。以前はびっしり入っていた駐車場ががらがらなのだ。少なくとも私の近所では車の利用者が減っている。

海外労働者の賃金は事実上上昇、もちろん現地人はまったく実感がないだろう。で、企業はコストを下げるための海外進出がアベノミクスの円安誘導でコストを上げてしまっているわけだし、海外拠点を維持するためには上がった分だけ国内で賃金を下げようという動きになりはしないのだろうか。

もうこれ以上下げようがないし、首も切りようがない気がするのだが、以前見た大企業の下請けいじめなんかを思い出すとまだまだこんなもんじゃないかなという気もする。

なにしろ、大企業というのは下請けに対して殺してでも利益を出そうとするのだ。いくらでも代わりはあるという思い込みからこういうことをするのだろうが、恐るべきシャイロックぶりを発揮するのが最近の日本企業である。

心臓の肉を一ポンドならかわいいものだ。いまどきの企業は火葬の後の灰まで要求してきそうな勢いだし、今のシステムの中、個人は個人の所有なのか?という疑問すらわいてくる。

結婚できるのも子供が作れるのかどうかも企業の求める理想の人間像でなければ許されない社会、つまり人生そのものが企業に支配される世界、だからこそ企業を首になった、企業に就職できないというだけでこれほど高度な社会性を備えた人類として生まれてきたのに、自殺なんかしてしまおうという馬鹿な選択をしてしまう人が出てくる。

企業など人間の活動の本の一部に過ぎない。そんなものはいざ有事の際には何の役にも立たないし、食い物さえ手に入らなくなるのだという意識を持ったほうがいい。金というのは社会が健全であってこその信用で成り立っているわけで社会が不安定になったとき金なんていうのはまったく役に立たないのだ。そういう健全を前提にして流通している金だけが唯一の鎖である企業などにそこまで人生をかける必要などない。

日本人を犠牲にした海外拠点維持がどれほど進むのか見当がつかないが、この構造は生活保護にもある。生活保護にかかっているお金は3兆円ぐらいといわれているが、そのうち本当に日本人の困窮者に使われているのはどのくらいなのだろう。たとえば在日朝鮮人なんかは生活保護申請が非常に簡単、在日特権で税金や光熱費も免除されているような人もたくさんいながら、特権をフル活用して日本人以上の年収を稼ぎながら生活保護を受けていたりする輩もいる。

以前横須賀に住んだことがあって、そこの不動産賃貸価格が面白かった。米兵向けの賃貸は日本人向けの賃貸より4割り増しぐらいで高く提示されているのだ。日本にいる米兵たちの給料はおもいやり予算という形で日本政府が払っている。つまり私たちの税金であの問題を起こしまくっている馬鹿犬たちは飼われている。

言い方をかえればレベルの低いアメリカ人たちを私たちの税金で養っているわけで、これは失業者あふれるアメリカからすると他国に軍事脅威を語って失業者受け入れ、アメリカ難民の一種だと思ったほうがいい。こういう連中を高給生活保護してあげている、これがアメリカ基地なのだ。

アメリカ軍なんていう名称に惑わされてはならない。あの集団は日本で養っている高給生活保護者なのだ。だから軍人でもなんでもない、武器を持った生活保護者であって、こいつらにかけている予算というのは莫大なものだというのを忘れてはならない。

つまり日本で発生している生活保護費というのはこういう予算も含めてほとんどが外国人に払われている。海外で雇用を維持し、円安になってコスト高になろうががんばる日本企業、外国人でもいろいろな言い訳を作ってどうしようもない外国人を養う日本政府、彼らが犯罪をしようと実名報道すらしない、軍人であれば国内で裁く権利もなく、でも彼らの生活を保護している。

日本という国はどうやらTPPなんていう以前に外国人に占領搾取されるために運営されている特殊な団体らしい。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

GADO TOKYO

Author:GADO TOKYO
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。