FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

馬鹿息子のような政府を捨てよう

今までは年間130万円までであれば年金だの社会保険料だのは源泉徴集されなかった。

また、そういう低収入な人たちにとって年金、社会保険料というのは負担がでかすぎる。なにしろ、最低でも毎月3万ぐらいの金が出ていく。月十数万の収入からこれはでかすぎる。

で、最近では半分ぐらいの国民が年金を納めなくなってきているという実態がある。こうなってしまうと国も年金支給をやめたいところだろうが、年金についての不正はまだ国民の記憶に新しい。もうしばらく維持しなくてはならない以上、国民から金をどうにか巻き上げるしかない。

年間130万って言うのは生活保護費並の月収ということだが、こういう健気な国民、生活保護など申請しないで何とかがんばりますという国民に対して源泉徴収しようとしているわけだ。

まあ実際はあまり収入が低いと介護保険でも年金でも納付を免除してもらえるわけでこのラインをさらに超えると生活保護というシステムがあるわけだが、この国は生活保護者を大量生産したいのだろうか。


ない袖は触れないとこの馬鹿息子のような政府に何とか教えてやりたいものだ。

最近よく国民の箪笥預金はいくらあるとか埋蔵金とかほざいているが、これって馬鹿息子が親の金を当てにしてるのとよく似ているし、あげくに家に眠る貴金属とか言い出してるとこいつらって親が死んだら絶対に金歯とか抜いちゃうやつらだなとおもう。ともかくそんなレベルの金の無心なのだ。

国民がきっちり納めていた年金をなんだか勝手に公務員や官僚の設備、投資に使い込む。これは馬鹿息子が高級車、博打に金を使い込んでいるのと変わらない。

馬鹿息子は全く反省もせず用心深くなった親からどうやって金を引き出すか腐心してる。

震災で困っている人がいるのでみんなで助けようといって寄付金を世界中から集めわけわからなくしたり、これって親戚にまで手を伸ばして金を無心に行く馬鹿息子と全く同じである。

馬鹿は死ななきゃ治らないというが全くそのとおりで馬鹿息子は死ぬか殺すかしないとどうしようもないのかもしれない。とりあえず、馬鹿は無視ということで国を一切無視した生活がしたいと思う今日この頃。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

GADO TOKYO

Author:GADO TOKYO
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。