FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原発はそもそもプルトニウムを生産するための炉に過ぎない

プルトニウム、人類が作り出した最悪の元素。冥王星のプルートーに由来するその名は確かに冥府の王にふさわしい。

プルトニウムは自然界に存在しない元素なのは周知のとおり。強力な爆弾を作るために生み出された元素で、そのために必要な設備が原子炉だった。原子炉を原子力発電というなんとなく平和的なイメージに変えてしまったのがアメリカで、そもそもマンハッタン計画の際にはアメリカ中から戦争を終わらせる兵器を作るという名目で莫大な税金を集め、日本は原発を落とさなくてももう敗北決定だったのだが、それじゃ集めた税金について誰かが責任を取らされる、つまり無意味な計画になってしまうので、無理やり落としてこれのおかげで平和的に終了しましたとさ、めでたしめでたしというようなことにために日本の広島、長崎の民間人は吹っ飛ばされた。

で、プルトニウムを作るのに莫大な熱が発生するのでその熱を発電に使えば一石二鳥、軍事的なイメージが払拭できるじゃんという発想から原子炉の平和利用、原発というものが作られるようになった。

だが、根本はプルトニウムであって、このちっぽけな国日本にこれほど原発があるのもプルトニウムをどこかの誰かさんに提供するためにある。アメリカな。

アメリカには2万7千発だか何打かの核があるという。核兵器というのは維持が大変で、核弾頭は交換期間があるらしい。その際にはプルトニウムが必要なわけで、アメリカはそれを維持するために原子炉を稼動させ続ける必要があるが、最近は原子力は縮小傾向にあるという。

原発縮小を目指す世界と反対に日本はここぞとばかり原発を盛り上げようとしている。これってもう電気とか関係ないのが良くわかる構図だと思うんだが。。

つまり日本はこれから世界の核保有国の核を維持するためにせっせとプルトニウムを作り、さらに後進国へ原発を輸出、核を拡散させ、より顧客を増やしていく。顧客が増えればメンテナンス会社としては万々歳、さらに核まで保有してくれるようになればますますプルトニウムの単価が上がってうはうは。

アメリカによる原爆投下と自爆被爆というダブルの黒歴史を持つ日本としてはこれからは死の商人として活躍していくことになっている。グローバルにね。TPPに平気な顔してるのはこういうすごい切り札を持っているからだと思う。

でもこれって麻薬中毒患者を作って市場を作っていく黒社会の人たちとやり方まるっきり一緒だね。

ブラック企業がどうこう言う以前に国自体がブラックだったという落ち。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

GADO TOKYO

Author:GADO TOKYO
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。